もう20年ほど前ですが、私は高校を卒業してすぐに介護の仕事に就きました。もともと工業高校出身の私は、車の整備工になりたかったのですが、就職試験に落ちたのをきっかけに、整備工を諦めてなんとなく介護の仕事をしようと決意しました。当時は、資格もなく手取りで14~15万円でした。高校を卒業してからなので資格はもちろん、経験すらなくただただ先輩の真似事をして仕事を覚えるという感じでした。勤務時間は7時から16時、10時から19時、あとは夜勤で16時から9時という勤務でした。女性の多い職場でもあり、なかなか気を使う場面もありました。また、どの職業でも人間関係というものがあると思うのですが、人間関係が最悪の職場でした。例えば女性同士の派閥や陰湿なイジメがあったり、私は派閥にも属さないし、イジメを受けた経験もなかったのですが、何気に3年働いてみると、給料の低さも理由の一つですが、毎日がマンネリというか、同じ仕事の繰り返しというのに嫌気がさして、他の職種にも就いてみたい、もっと給料の良い仕事がしたいという思いが強く転職を決意したのです。そこで求人雑誌を見たり、職安に通いながら次の仕事を探していましたが、介護の経験しかない私には他の職種は向かないのではと、葛藤が芽生えて次の職業も、同じ介護の仕事に就いたのです。今の職場は、新しく出来た施設なので人間関係は一からですし、先輩という存在がなく同僚みんなが同期という感じでした。最初は、お客も少なく給料も10万そこそこだったので転職しなければ良かったと思いましたが、資格も取り経験も増えて数年も経過すると、機動に乗り現在では、手取りで17~18万円ほどになりボーナスもそれなりにもらえ転職して良かったと感じるようになりました。辞めた後に感じたことといえば、人間関係も一からで同僚や上司との信頼関係を築くのも仕事も一から覚えるというのが慣れるまでに時間も費やし苦労しました。